高松の葬儀場を一挙紹介!口コミで評価の高い、安心して利用できる葬儀社をランキング形式でご紹介します!

葬儀を行う際にかかる費用の具体的な内訳をチェック!

公開日:2022/04/15


日本消費者協会の調査によれば、葬儀にかかる費用の総額の全国平均は200万円前後となっていますが、これはあくまで総費用の平均であって、葬儀の種類によらない数字です。そこでこの記事では、葬儀にかかる費用の内訳と、葬儀の種類による相場などについて説明します。ぜひ参考にしてください。

葬儀を行う際にかかる費用の具体的な内訳

まず、一般的な葬儀を行う場合にかかる費用の内訳を見ていきましょう。ご逝去から葬儀までを中心に見るので、納骨などの後日行う法事や、仏壇、お墓の準備にかかる費用は含みませんので注意してください。

葬儀一式にかかる費用

ご遺体の搬送や保管の費用、火葬関連の費用、そして葬儀会場に関連した費用が主な内訳です。搬送や火葬をそれぞれ別の業者などに頼むこともできますが、葬儀とセットにして葬儀業者に任せるのが一般的です。多くの葬儀業者は、葬儀の規模に合わせた基本プランをいくつか用意しています。

参列者の数によって変動する費用

飲食費、返礼品などにかかる費用がその内訳です。これらは、選ぶグレードによって単価は決まるものの、実際に払う費用は用意した分(または使った分)が掛け算された金額になります。そのため、参列者の人数によって変動しやすい費用になります。

寺院等に支払う費用

読経をしてくれる僧侶に対しての謝礼、寺院から戒名をもらうときなどに発生する費用です。檀家となっている寺院があればそこに支払いますが、近年では葬儀業者が僧侶、寺院を手配するケースもよく見られます。

葬儀業者が仲介する場合は、これらの費用も葬儀の基本費用として合算し、基本プランとして提示する業者も増えています。葬儀業者側としても、宗教関連独特の、面倒であいまいな相場イメージを避けたいという思惑があるようです。

葬儀費用が高くなるのはどんな時?!

「葬儀費用が思っていたより高くついてしまった」などというのもよく聞く話です。悪徳業者に引っかかるようなトラブルは別として、ここでは、葬儀費用が高くなるとしたら、一般的にどのような要素があるのかを解説します。

葬儀の種類でだいたいの相場が決まる

葬儀費用の総額は、葬儀の種類と規模でだいたいの相場が決まります。一般葬だと予算は最低でも100万円を超えますが、家族葬なら100万円以下、通夜を行わない1日葬ならさらに費用を抑えることができます。

なお、最も費用がかからないのは葬儀を行わずに火葬する直葬で、30万円程度が平均的な相場です。

オプションのグレードによっては高額に

葬儀業者にもよりますが、棺や祭壇、供物、骨壺などでは複数の選択肢(オプション)が用意されるのが通例です。当然ながら豪華なものを選べば選ぶほど、葬儀費用は高額になります。オプションの追加やグレードアップは基本料金とは別に上乗せされていくので、予算オーバーとならないように気を付ける必要があります。

参列者の数は予想できないことも

参列者の数は、葬儀の日程や時期、天候にも左右されます。家族葬や直葬はある程度見通しもたちますが、一般葬の場合、参列者の増減は予測しづらいのが現実です。葬儀に限ったことではありませんが、こうした場合に備え、予算に幅を持たせたり、キャンセルの発生について確認しておいたりすることが大切です。

葬儀を行う際にかかる費用を安く抑えるためには?

では、葬儀にかかる費用をなるべく抑えるためにはどのような点に注意するべきでしょうか。ケチり過ぎて恥をかくのは嫌だと思いますが、予算オーバーでトラブルや後悔を残すのはもっとまずいですね。以下の点に気を付けておきましょう。

信頼のおける葬儀社を探しておく

できる限り前もって、葬儀のことについて決めておくのが、予算を抑える最大のポイントです。昔なら、遺言や遺族代表に左右されていたことも、現在ではかなり自由になっています。自分の葬儀業者について本人が手配をしておいたり、葬儀の希望についてエンディングノートに記したりといったことも広まっています。金額的な見積もりはもちろん、納得のいく葬儀をしてくれそうな業者を探しておけば、慌てずに対応できるでしょう。

葬儀の種類を考える

先述したとおり、葬儀の平均費用は種類で大きく変わります。どうしても費用を安く抑えたい場合は、葬儀自体を可能な範囲で小さい規模にするとよいでしょう。基本的な料金全体が下がるため、費用を安く抑えることができます。

グレードを上げずに節約

これも先述したとおり、供養品や棺、また食事などのオプション項目について、グレードを上げすぎないことでも費用を節約できます。故人やご遺族の意向次第ではあるものの、グレードが低いからといって葬儀そのものの進行に影響が出るわけではありません。

 

葬儀にかかる費用の具体的な内訳や、その相場について説明しました。葬儀の準備は、悲しみや忙しさで何かとバタバタしてしまい、内訳のチェックまではできないことも多いでしょう。この記事を読んで、全体像を把握しておくことをおすすめします。また、信頼のおける葬儀業者であれば、内訳などについてはっきりと説明してくれます。前もってそうした業者を選んでおけば間違いないでしょう。

【高松】おすすめの葬儀社・葬儀場

商品画像
商品名[癒しの会館]家族葬のネクスト家族葬のカナクラオールストーン葬祭株式会社 公益社綾川葬祭
特徴会員サービスで葬儀費用がお得に! その他特典も充実密な最後のお別れをするならココ! 小規模の葬儀に特化1日1組限定の家族葬専用の葬儀場で大切な時間が過ごせる担当者が固定でついてくれるから安心して依頼できる家族の和・絆・想い出を葬儀でカタチにする葬儀社
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
高松のおすすめ葬儀社・葬儀場5選
第5位 綾川葬祭
綾川葬祭の画像
記事一覧